【赤みにはどっちがいいの?】ピオリナvsULU徹底比較

MENU

【赤みにはどっちがいいの?】ピオリナvsULU徹底比較

 

ピオリナ,ウルウ

 

ピオリナ,ウルウ

赤ら顔専用化粧水として人気のピオリナとULU、どちらも赤ら顔専用なだけにどこがどう違って、どう良いのか迷ってしまいますね。

 

そこで購入を検討している方の参考になればと思いピオリナとULUを徹底比較してみたいと思います!

 

ピオリナ

ウルウの公式サイトはコチラ

 

 

ピオリナvsULU(ウルウ) 基本データ比較

 

まずはさぁっと比較できるようにピオリナとウルウの基本データをまとめてみました。

 

ピオリナ ウルウ
画像

オタネニンジン根エキス
ブクリョウエキス
マグワ根皮エキス
ヒアルロン酸
セラミド
アミノ酸系セラミド類似体
進化型ビタミンC

特徴的な成分

特殊浸透水
セラミド2
セラミド3
セラミド6Ⅱ
タンブリッサトリコフィラ葉エキス

6,980円 通常料金 4,500円(送料648円)
1,980円(送料無料)72%オフ 定期購入初回 3,600円(送料無料)20%オフ
4,480円(送料無料)35%オフ 定期購入2回目以降 3,600円(送料無料)20%オフ
商品到着後30日以内(使用済みも可) 返品 商品(未使用のみ)
あり(定期コースのみ) 全額返金保障 なし

公式サイト

公式サイト

公式サイト

 

では1つ1つくわしく見ていきたいと思います。

 

ピオリナvsULU(ウルウ)注目すべき成分

 

やはり化粧水で1番気になるのは成分だと思います。特に赤ら顔対策としてどのような成分が配合されているのかはとても大事なところ。そこでそれぞれの注目すべき成分をご紹介したいと思います。

 

ピオリナの注目すべき成分

 

3種類の高保湿成分

 

ピオリナ,ウルウ

 

ピオリナは、保湿成分で肌内部の潤いを満たすことでバリア機能の改善を高めることが期待できます。バリア機能が高まることで、毛細血管の拡張や炎症、ニキビ、肌荒れなど赤みの原因となる様々な肌トラブルの解消につながります。

 

配合されている保湿成分としては、角質層に潤いを与える天然ヒト型セラミドとアミノ酸系セラミド類似体、真皮に潤いを与えてくれるヒアルロン酸の3種類が配合されています。

 

3種類の漢方エキス

 

ピオリナ,ウルウ

 

ピオリナは「オタネニンジン根エキス」「ブクリョウ」「マグワ根皮エキス」が配合。保湿効果はもちろん、抗炎症作用、抗酸化作用、血行促進作用、新陳代謝促進作用などあらゆる方面から赤ら顔ケアをサポートしてくれます。

 

進化型ビタミンC

 

ピオリナ,ウルウ

 

ピオリナの進化型ビタミンCとは一般ではビタミンC誘導体として知られているものです。美白効果はもちろんのこと、ニキビの原因となる皮脂分泌の抑制作用や乾燥や肌荒れの原因となる活性酸素の発生を抑制してくれる作用があります。

 

ULU(ウルウ)の注目すべき成分

 

5種類のセラミドを配合

 

ウルウには高保湿成分としてしられているセラミドを配合。しかもそれぞれ違った働きをもつ5種類ものセラミドを配合しています。

セラミド1 バリア機能サポート
セラミド2 高い水分保持力
セラミド3 シワに働く、水分保持
セラミド5 バリア層を保持
セラミド6Ⅱ シミに働く、水分保持

 

すべて天然ヒト型セラミドなので肌なじみがよく、保湿成分をしっかりチャージすることで肌のバリア機能を高めることが期待できます。

 

またこのセラミドはすべて特殊技術を使って角質層の奥までしっかり浸透していけるつくりとなっています。

 

特殊浸透水

 

ウルウは医療用に開発された高い浸透力を持つマイナスイオン水をベースにしています。そこにセラミドを溶かしマイナスイオンの働きで肌に負担をかけることなく、角質層の奥までしっかり保湿成分を届けることができるんです。

 

タンブリッサトリコフィラ葉エキス

 

ピオリナ,ウルウ

 

タンブリッサトリコフィラ葉エキスはアンボラエキスとも呼ばれ、古くから赤みを抑えるケアとして使われてきた植物エキスです。顔の赤み・酒さを適度に抑える、過剰血管の産生の抑制、皮膚の鎮静化などうれしい作用を持っている頼もしい成分です。

 

完全無添加

 

ピオリナ,ウルウ

 

ウルウは嬉しいことに完全無添加。100%美容成分でできています。赤ら顔の方は肌の弱い方が多いのでこれはすごく喜ばしいことですよね。毎日使うものなので安全性が高いことはポイントが高い!

 

ピオリナは保湿成分や漢方エキス、ビタミンC誘導体など様々な成分から赤みにアプローチ。一方ウルウは配合成分は少なめですが、バリア機能を高められる保湿成分やアンボラエキスなどで赤み対策ができ、完全無添加という安全性の高さをほこっています。

 

ピオリナvsULU(ウルウ) 価格比較

 

ピオリナ ウルウ
通常価格 6,980円(送料無料) 4,500円(送料648円)
定期購入初回 1,980円(送料無料)72%オフ 3,600円(送料無料)20%オフ
定期購入2回目以降 4,480円(送料無料)35%オフ 3,600円(送料無料)20%オフ

 

ピオリナ,ウルウ

ピオリナは定期購入の初回が72%オフの1,980円というのが目を引きますね。2回目以降も4,480円なので、商品の質を考えると決して高くはなく、逆に安いくらいかなと思います。

 

ウルウは価格が安いのも魅力ですね。定期購入の初回の割引率はピオリナには及ばないものの、定期購入にすれば毎月3,600円なのはお財布に優しい!安くても商品の質は確かなところがうれしい~。

 

ピオリナもウルウも、定期購入の購入回数の縛りがなく1回目から解約が可能なところも魅力です!

 

ピオリナvsULU(ウルウ) 全額返金保証制度比較

 

ピオリナ,ウルウ

ピオリナとウルウの違う点に全額返金保証があります。ピオリナは商品到着後30日以内であれば使用済みでも全額返金保証がうけられます。

 

赤ら顔の場合、なかなか肌にあった化粧水に巡り合えないといった悩みがつきものなので、使ってみて肌にあわなければ返金してもらえるという制度はとてもありがたい!ただし全額返金保証は定期購入者限定で、「お買い上げ明細書」と「商品のボトル」が必要となりますのでご注意くださいね。

 

ウルウは返品はできますが、商品到着後8日以内で未開封のものに限ります。

 

ピオリナvsULU(ウルウ) まとめ

 

ピオリナ,ウルウ

ピオリナとウルウは、どちらも高保湿成分配合によりバリア機能を高めることが見込め、それにより赤ら顔の根本的原因解決が期待できる化粧水です。でも化粧水は肌との相性があるのでどちらが良いのかは使ってみないとわからないというのが正直な感想です。

 

だけどあえて私が個人的にそれぞれの化粧水をオススメするとしたら

 

ピオリナは色々な成分により赤みを改善していく化粧水を全額返金保証付きで試したい方

 

ウルウは安全性第一の完全無添加化粧水を少しでも安い価格で試してみたい方

 

といった感じです。

 

どちらも定期購入が1回目で解約できるので迷っている方はぜひ気軽にお試しいただきたいなと思います。

 

ピオリナ

ウルウの公式サイトはコチラ